名前つけシールの豆知識

名前シールを縫い付け

名前シールというものは、大変便利なものです。
色々なものに名前を書き入れるといっても、簡単にはいかなかったりします。
そんな時に、気軽に張り付けるだけで済んでしまうため、大いに助かってしまうからです。
ですが、ものによっては、うまく圧着することができず、はがれやすくなってしまうものもあるのです。

お名前スタンプを使っていくということもありますが、幼稚園や保育園のお昼寝用の布団になると、自分マークをつけなければならなかったりすることもあり、スタンプだけでは対応できなかったりします。
そんな時には、別の布に名前シールをしっかりと熱転写し、それを縫い付けてあげるという方法もあります。
別の布を使うことで、アイロンを使って圧力をかけていくこともできますし、はがれにくくするための仕上げのアイロンがけも用意です。
縫い付けることによって、名前シール自体の耐久性も高めていくことができるため、うす掛けのように洗濯するようなものであってもはがれにくくすることができます。

一回貼り付けてしまうと、はがしにくい性質の名前シールということも、縫い付けであれば回避することができるといえるでしょう。
兄弟がいる場合には、できることならば、おさがりにしていきたいところでもあります。
アイロンシートで直接貼ってしまうと、はがせなくなってしまうこともありますので、縫い付けにしておくということで対応することもできるのです。

状況や使い方、将来のことも考えて選択していくと、名前シールは使う幅が広がっていくのです。

パーツ
名前つけシールの豆知識