名前つけシールの豆知識

お名前スタンプだったら布でも大丈夫、でもひと手間かけてあげましょう

入学の準備を考えていくと、どうやって名前を入れようか、悩んでしまうことがあります。
手書きで書き入れればいいだろうと思いますが、名前を書いてあげるということは、たとえ子供のものであってもプレッシャーです。

綺麗にかければ当たり前、失敗したらどうしようと思ってしまうのは、誰でも同じことなのです。
特に布の製品に関しては、失敗したら消すことも捺しなおすこともできませんから、大きなプレッシャーになってしまうといえるでしょう。

お名前スタンプには、布にも捺すことができるスタンプ台、バーサクラフトがセットになっています。
名前を書き入れる際に心配になる、インクのにじみを心配せずに使える布専用のスタンプ台なのです。
発色も綺麗に出ますので、一般的なものよりも使い勝手に優れているのです。
色も2色付いているため、布の色に合わせて選択することができます。
これによって、場所を問わずに捺すことができるようになっているのです。

布の場合には、捺した後に定着を強める作業が必要です。
普通の場所に捺すためのマイティースタンプは必要がないのですが、バーサクラフトを使った場合にはアイロンで加熱することが大切です。
こうしたひと手間を加えてあげることによって、頻繁の洗濯しなければいけないような洋服のようなものでも、長く名前を残してあげることができるのです。

洋服の場合は、入学準備で大変でしょうが、一回洗濯してから捺すと長持ちします。
生地にはノリが付いていることがありますので、いったん除去するだけで持ちが変わるのです。

パーツ
名前つけシールの豆知識